コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャリパス callipers

大辞林 第三版の解説

キャリパス【calipers】

直接ものさしなどを当てて測ることの難しい物体の厚さ・内外径などを測るコンパス状の器具。内径を測るものを内キャリパス、外径を測るものを外キャリパスという。パス。キャリパー。
〔バーニヤ-キャリパスの略〕 ノギスの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャリパス
きゃりぱす
calipers

長さを測定する道具。機械部品の直径、内径あるいは肉厚を測定するのに用いられる。略してパスともいう。円筒の外径を測定するのに用いるものを外(そと)パス、内径を測定するのに用いられるものを内パスという。いずれも脚の先端を開いて測定しようと思うものにあてがい、開いた先端の間隔を物差しによって測る。簡単に長さの測定ができるので広く使用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キャリパスの関連キーワードクギヌキハサミムシキャリパーバーニヤノギス工具

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android