コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュドネス・デメトリオス Kydōnēs Dēmētrios

世界大百科事典 第2版の解説

キュドネス・デメトリオス【Kydōnēs Dēmētrios】

1324ころ‐1397か98
ビザンティン後期の神学者,人文主義者。カバシラスの弟子。テッサロニケ生れ。皇帝ヨアンネス5世パライオロゴスの宰相としてローマ教会との合同工作に当たった。ラテン語を学び,アウグスティヌス,トマス・アクイナスの著作をギリシア語に翻訳し,東方神学に大きな影響を与えた。ラテン神学に傾倒したため,当時の神秘主義神学に敵対し,反グレゴリオス・パラマス派として活躍した。【森安 達也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュドネス・デメトリオスの関連キーワードクリュソロラス