コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュドネス・デメトリオス Kydōnēs Dēmētrios

1件 の用語解説(キュドネス・デメトリオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キュドネス・デメトリオス【Kydōnēs Dēmētrios】

1324ころ‐1397か98
ビザンティン後期の神学者,人文主義者。カバシラスの弟子。テッサロニケ生れ。皇帝ヨアンネス5世パライオロゴスの宰相としてローマ教会との合同工作に当たった。ラテン語を学び,アウグスティヌストマス・アクイナスの著作をギリシア語に翻訳し,東方神学に大きな影響を与えた。ラテン神学に傾倒したため,当時の神秘主義神学に敵対し,反グレゴリオス・パラマス派として活躍した。【森安 達也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キュドネス・デメトリオスの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツパンティングビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ式ビザンツ文化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone