コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストの高挙 キリストのこうきょexaltatio Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの高挙
キリストのこうきょ
exaltatio Christi

新約聖書中の記事による教理で,キリストの卑賤の反対概念。「神は…キリストを死人の中からよみがえらせ,天上においてご自分の右に座せしめ」 (エペソ書1・20,ルカ福音書 22・69,使徒行伝2・33,5・31など) ,彼をあらゆる権力の上に,またあらゆる名の上におかれて,全人類の統治者,すなわち神みずからの力と主権の代行者とされたとするもので,キリストの復活の神学的意味の一つをとらえている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キリストの高挙の関連キーワード新約聖書

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android