コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対概念 ハンタイガイネン

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐がいねん【反対概念】

論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、その内包上最も対立度ないし差異の大きな概念。例えば、白と黒の関係。両者の間に灰色という中間の概念が介在する点が矛盾概念と異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいがいねん【反対概念】

〘論〙 ある類概念に従属する概念で、その内包上最大の差異をもつ概念。例えば黒と白、大と小など。 → 矛盾概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反対概念の関連キーワード資本集約型産業・労働集約型産業マス・コミュニケーションノルマ(管理)労働集約型産業キリストの高挙資本集約型産業キリストの卑賤封建制[周]カルビニズムヒュブリス社会実在論アイロニー普通選挙法社会名目論王道・覇道古典主義やまと絵変動所得平和革命超然内閣

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android