反対概念(読み)ハンタイガイネン

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐がいねん【反対概念】

論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、その内包上最も対立度ないし差異の大きな概念。例えば、白と黒の関係。両者の間に灰色という中間の概念が介在する点が矛盾概念と異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいがいねん【反対概念】

〘論〙 ある類概念に従属する概念で、その内包上最大の差異をもつ概念。例えば黒と白、大と小など。 → 矛盾概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android