コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対概念 ハンタイガイネン

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐がいねん【反対概念】

論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、その内包上最も対立度ないし差異の大きな概念。例えば、白と黒の関係。両者の間に灰色という中間の概念が介在する点が矛盾概念と異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいがいねん【反対概念】

〘論〙 ある類概念に従属する概念で、その内包上最大の差異をもつ概念。例えば黒と白、大と小など。 → 矛盾概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反対概念の関連キーワード資本集約型産業・労働集約型産業マス・コミュニケーションキリストの高挙ノルマ(管理)労働集約型産業資本集約型産業キリストの卑賤カルビニズム封建制[周]アイロニー普通選挙法社会実在論ヒュブリス王道・覇道社会名目論超然内閣やまと絵古典主義平和革命包括契約

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android