天上(読み)てんじょう

精選版 日本国語大辞典「天上」の解説

てん‐じょう ‥ジャウ【天上】

〘名〙
① 天のうえ。空のうえ。高い空。
※御伽草子・二十四孝(室町末)「我は天上(テンジャウ)の織姫なるが」
※黄表紙・心学早染艸(1790)上「天上に天帝と申すたうとき神おわしまして」 〔易経‐大壮卦〕
② =てん(天)④(イ)
※霊異記(810‐824)上「彼の気調(みさを)恰も天上の客の如し」
③ 世上のこと。世間。
※歌舞伎・宿無団七時雨傘(1768)一幕「狭うても堺は、天上(テンジャウ)の静かな暮らし所ぢゃ」
④ この上もないこと。無上。最高。天井。
※洒落本・浪花今八卦(1773)枯梗卦「金つかふて其様に気兼するは是たわけの天上と」
⑤ (━する) 天にのぼること。天上界にのぼること。
※曾我物語(南北朝頃)二「夫婦もろともに月に心をとめし故に、てんじゃうの果をうけ二の星なるとかや」
※日葡辞書(1603‐04)「tenjǒ(テンジャウ)スル」
⑥ (━する) 死ぬこと。死去。昇天。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「おや天上し給てのち、あまつかぜにつけてもおとづれ給はず」
階上。二階。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「天上へ上がってねますべい

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天上」の解説

てん‐じょう〔‐ジヤウ〕【天上】

空の上。空。「天上の星」
天上界」に同じ。
天に昇ること。また、死ぬこと。昇天。
「某(それがし)は雷であるが…只今落ちたが、何なりとも取り付く物があれば―すれども」〈虎明狂・
この上もないこと。最上。無上。
「やや子がかみそり持って遊んでゐるやうなもので、あぶない事の―ぢゃ」〈松翁道話・一〉
2階。階上。
「わしと順礼の女の衆は、―へ上がって寝ますべい」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android