コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天上 テンジョウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐じょう〔‐ジヤウ〕【天上】

空の上。空。「天上の星」
天上界」に同じ。
天に昇ること。また、死ぬこと。昇天。
「某(それがし)は雷であるが…只今落ちたが、何なりとも取り付く物があれば―すれども」〈虎明狂・
この上もないこと。最上。無上。
「やや子がかみそり持って遊んでゐるやうなもので、あぶない事の―ぢゃ」〈松翁道話・一〉
2階。階上。
「わしと順礼の女の衆は、―へ上がって寝ますべい」〈滑・膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじょう【天上】

( 名 ) スル
空。空の上。天。 「 -の音楽」
天に上ること。また、死ぬこと。昇天。 「細き長き物の-するを見たりき/妾の半生涯 英子」 「親の-し給ひてのち/宇津保 俊蔭
仏教で、天人の世界。天道。天上界。 → 六道
程度が最もはなはだしいこと。最高。 「あほらしいの-といふもの/文明開化 祐一
二階。 「 -へ上がつて寝ますべい/滑稽本・膝栗毛 2
[句項目] 天上天下唯我独尊

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天上の関連情報