コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教理 キョウリ

2件 の用語解説(教理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐り〔ケウ‐〕【教理】

ある宗教・宗派が真理とする教えの体系。宗教上の道理。教義。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の教理の言及

【教義】より

…一般に宗教的真理を表明した命題を意味する用語。教理ともいい,哲学的・政治的信念や主張を指して使われることもあるが,とくにキリスト教において重要な意義をもつ。元来ギリシア語に由来し,新約聖書では〈勅令〉〈取り決めた事項〉などを意味する語として使用され,古代後期のギリシア哲学では一般に特定の哲学的傾向を持った学派の見解を意味し,たとえば〈ストア派のドグマ〉というように使用された。…

※「教理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教理の関連情報