教理(読み)きょうり

精選版 日本国語大辞典「教理」の解説

きょう‐り ケウ‥【教理】

〘名〙 宗教上の道理または理論。ある宗教、宗派真理と認めている教えの体系教義
※神皇正統記(1339‐43)中「安然和尚教時諍論と云書に教理の浅深を判ずるに、真言、仏心、天台とつらねたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「教理」の解説

きょう‐り〔ケウ‐〕【教理】

ある宗教・宗派が真理とする教えの体系。宗教上の道理。教義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の教理の言及

【教義】より

…一般に宗教的真理を表明した命題を意味する用語。教理ともいい,哲学的・政治的信念や主張を指して使われることもあるが,とくにキリスト教において重要な意義をもつ。元来ギリシア語に由来し,新約聖書では〈勅令〉〈取り決めた事項〉などを意味する語として使用され,古代後期のギリシア哲学では一般に特定の哲学的傾向を持った学派の見解を意味し,たとえば〈ストア派のドグマ〉というように使用された。…

※「教理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android