コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリンサイ(麒麟菜) キリンサイEucheuma muricatum

2件 の用語解説(キリンサイ(麒麟菜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリンサイ(麒麟菜)
キリンサイ
Eucheuma muricatum

紅藻類スギノリ目トサカノリ (ミリン) 科の海藻。円柱状で太さ2~3mm,長さ 10~25cm。枝分れし,軟骨質で色は褐色がかっている。南西諸島マレー諸島オーストラリアなどに分布し,日本では四国土佐地方にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キリンサイ【キリンサイ(麒麟菜) Eucheuma muricatum (Gmelin) W.v.Bosse】

熱帯および亜熱帯に多く生育する海藻で,10~20cmの大きさの軟骨質のミリン科の紅藻。体は初め円柱状であるが,後に不規則に分枝し,あたかも潮間帯の岩上にうずくまるような形状を呈し,また体の周囲には多数のいぼ状突起をもつ。世界各地の熱帯および亜熱帯海域に分布する。日本では太平洋沿岸の四国以南に知られる。近縁の種にカタメンキリンサイE.gelatinae J.Ag.,オオキリンサイE.striatum Schmitz,トゲキリンサイE.serra J.Ag.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone