マレー諸島(読み)マレーしょとう(英語表記)Malay Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレー諸島
マレーしょとう
Malay Islands

アジア大陸とオーストラリア大陸との間にある島嶼群の総称。マレー半島のクラ地峡以南を含める場合が多い。東インド諸島,亜豪地中海地域とも呼ばれてきた。マカッサル,ロンボク両海峡を境として,アジアの大陸棚にあるスマトラ島ジャワ島,ボルネオ (カリマンタン) 島と,深海からそびえるフィリピン諸島スラウェシ (セレベス) 島,小スンダ列島,マルク (モルッカ) 諸島に分れる。住民はマレー人で,古くはインド,イスラム両文明の影響を受け,近代に入ってはヨーロッパ列強に植民地として分割された。第2次世界大戦後,大部分がインドネシアフィリピン,マレーシアの3国となって独立した。熱帯季節風気候熱帯雨林気候で,稲作中心の農業を基本とし,キャッサバ,トウモロコシ,サトウキビココヤシなどの栽培が盛ん。スズ,石油などの鉱物資源,林産資源も豊富であるが,開発の差があり島によって経済的格差がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マレーしょとう【マレー諸島】

インドシナ半島とオーストラリア大陸との間に分布する島群。フィリピン諸島、大スンダ・小スンダ列島、マルク諸島などからなる。広義には、ニューギニア島も含める。マライ諸島。別称、東インド諸島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレー諸島
まれーしょとう
Malay Archipelago

アジア大陸とオーストラリア大陸との間に散在する東南アジアの島々の総称。大スンダ列島(スマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島、スラウェシ島とそれらの属島)、小スンダ列島(バリ島以東チモール島に至る島々)、モルッカ諸島およびフィリピン群島からなる。インドネシア、マレーシア、フィリピン、ブルネイなどの国々に属し、マライ諸島、東インド諸島ともいう。世界最大の諸島で面積242万平方キロメートル。アルプス‐ヒマラヤ造山帯と環太平洋造山帯が接する所に位置し、多数の火山が活発な活動を行っている。
 気候は熱帯のため高温多湿で、年平均気温は27℃、年降水量は2000ミリメートル前後である。米、コーヒー、茶、タバコ、香料、アバカ(マニラ麻)、キナ、ゴム、コプラ、チーク、竹などが栽培され、鉱産物は石油、錫(すず)、ダイヤモンド、石炭などがある。ほかに林産物、水産物などの資源も豊富であるが、各島間の開発度の差が著しく、島々の経済には格差がある。住民はマレー系種族の占める比率が高いが、古来民族移動が激しかったことと島の孤立性が強く作用し、各島の文化には大きな差異がある。マジェランの世界一周航海後、ヨーロッパ人の間に豊かなこの諸島の存在が知れ渡り、スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリスなどの列強が競ってこの地に進出した。その後アメリカ、ついで日本も加わったが、第二次世界大戦後植民地が独立するまで、これら諸国が交代で植民地支配を行った。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android