コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョクチェアダ島 ギョクチェアダトウ

デジタル大辞泉の解説

ギョクチェアダ‐とう〔‐タウ〕【ギョクチェアダ島】

Gökçeada》⇒ギョクチェ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギョクチェアダ島
ギョクチェアダとう
Gökçeada

エーゲ海にあるトルコ領の島。旧称イムロズ島 İmroz Adası。歴史的にはインブロス島 Imbrosと呼ばれた。ゲリボル半島の南端から約 16kmに位置し,チャナッカレ県に属する。15世紀後半,オスマン帝国領となり,1912年第1次バルカン戦争(→バルカン戦争)中にギリシア軍に占領され,1923年トルコに返還された。山がちで,大部分は火山岩新第三紀層の岩からなる。主要産物はコムギ,オリーブ,ブドウで,ブドウとワインは重要な輸出品目である。面積 279km2。人口 5943(2013推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギョクチェアダ島の関連キーワードクリトボロス

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android