ギラヴァンツ北九州(読み)ギラヴァンツキタキュウシュウ

デジタル大辞泉の解説

ギラヴァンツ‐きたきゅうしゅう〔‐きたキウシウ〕【ギラヴァンツ北九州】

日本プロサッカーリーグクラブチームの一。ホームタウンは北九州市。昭和22年(1947)創設の地元企業チームが平成13年(2001)にクラブチームとなり、平成22年(2010)から現名称に改めJリーグに参加した。
[補説]「ギラヴァンツ」はイタリア語の「ジラソーレ(ひまわり)」と「アヴァンツァーレ(前進)」を組み合わせ、「ジラ」を太陽の光をイメージして「ギラ」に読み替えた造語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ギラヴァンツ北九州

前身はJFLのニューウェーブ北九州。2010年にJ2参戦した。TOTO、安川電帰ゼンリンが主なスポンサー昨季の42節では19勝16敗7分け。ホームスタジアムは本城陸上競技場(北九州市八幡西区)。

(2013-03-11 朝日新聞 朝刊 北九 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ギラヴァンツ北九州

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2010年に加盟。福岡県を活動区域とする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギラヴァンツ北九州の関連情報