コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギークハウス プロジェクト ぎーくはうすぷろじぇくと

1件 の用語解説(ギークハウス プロジェクトの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ギークハウス プロジェクト

ITが好きな人(ギーク=Geek)が集まるシェアハウス(ギークハウス)を中心としたプロジェクトのこと。『ニートの歩き方』(技術評論社)の著者であるphaが提唱し、2008年に一軒目のギークハウスを設営。以降、主旨に賛同する幾多の運営者によりギークハウスは増えていった。10年10月には、初の海外拠点としてギークハウスフィリピンが開設。14年2月9日現在、日本全国で15軒が入居者募集中、5軒が満室となっている。このプロジェクトにより、複数のギークハウス群がネットによりゆるく繋がることで大きなコミュニティがネット上に生まれているとされ、新聞やテレビメディアで多数取り上げられている。

(2014-3-26)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

ギークハウス プロジェクトの関連キーワードJulieWatai

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone