コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアエストル クアエストルquaestor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クアエストル
quaestor

古代ローマの官職名。通例財務官と訳す。古くは執政官 (コンスル ) によって2名が任命されたが,前 447年以後は平民会から選ばれるようになり,まもなく4名となった。これらは都市クアエストルと呼ばれ,国庫を管理した。執政官や属州統治者にもクアエストルがつき,財政を担当し,また裁判,軍事指揮,行政をも代行した。クアエストルはクルスス・ホノルムの1番目にあたり,この職の経験者からは元老院議員となることが許されていた。帝政期イタリアでは皇帝直属官となり,元老院管轄属州では総督の下で働いた。なお古王政期から死罪裁判を扱うクアエストルも存在していたが,上記のクアエストルとは無関係で,前2世紀頃に消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクアエストルの言及

【ローマ】より

… 属州からの直接税には,人間のあたま数と財産額に基づいて課せられる税制と,穀物生産高の10分の1を基礎とする税制とがあった。前者は西部の諸州に対して課され,財務官(クアエストルquaestor)とその部下の下で都市が税の徴収を行った。シチリア州や東方の多くの属州では後者の税制が継承された。…

※「クアエストル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クアエストルの関連キーワード穀物配給[古代ローマ]元老院[古代ローマ]プラエフェクツスカトー[ウチカ]インディクチオグラックス兄弟アエラリウムコメンダチオトレスウィリコルネリウスサツルニヌスエディクツムアントニウススカウルスグリチウスカッシウスサラリウムポプリコラエンニウスカエサル