コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平民会 へいみんかいcomitia plebis tributa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平民会
へいみんかい
comitia plebis tributa

古代ローマプレプス (平民) の会議。元来は前5世紀パトリキ (貴族) との身分闘争の結果設置されたプレプスの私的な会議 conciliumで,護民官 (トリブヌス・プレビス ) を選出し,護民官が招集,主宰した。トリブスごとに投票が行われたため,のちにトリブス会とも呼ばれるにいたった。元老院,兵員会に対してプレプスの権利を擁護するものであったが,前 287年のホルテンシウス法により正式の国政機関と認められ,土地所有農民を基礎とする民主政的な機関となった。しかし無産市民はまとめて少数のトリブスに編入された。のちにはパトリキも出席するようになり,ローマの主要な立法,控訴機関,条約批准会議となった。共和政末期には実効を失ったが,3世紀までは名目上存在した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいみんかい【平民会】

古代ローマの民会の一。行政単位である地区(トリブス)を投票の単位とし、護民官が議長を務めた。紀元前287年のホルテンシウス法制定以後、正式の国法議決機関となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平民会
へいみんかい
concilia plebis (tributa)ラテン語

古代ローマの民会の一つ。平民だけの出席する集会で、共和政初期には国民の一部をなす貴族を含まないところから正規の民会ではなかったが、平民(プレブス)の生命・財産を守るべき護民官の選出や、政治的案件に関する決議(平民会決議)を行った。元老院は国民の大多数をなす平民の総意を尊重することを政治的に得策と考えたから、これらの決議を多くの場合尊重し、おそらくはケントゥリア民会の決定(法)として追認した。紀元前287年成立したホルテンシウス法は、平民会の決議を全国民に対して有効なものと定め、以後決議は法と同等の効力をもった。平民会はトリブス(区)単位に投票を行っていたので、平民会とトリブス民会は、少数の貴族参加の有無の違いだけとなり、平民会に貴族が出席することも普通となった。ケントゥリア民会のように開会でのめんどうな宗教的手続を必要としなかったので、立法民会としては平民会のほうが用いられた。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平民会の言及

【護民官】より

…いわゆる護民官,平民トリブヌスは元来,臨戦態勢下の平民の指導者で,彼の身体生命の不可侵と侵犯者への復讐を誓う平民に守られた。本来の国家公職でないので平民が毎年,平民会で選挙し,前449年には定員10名が確定した。主務は何より平民救援で,公職者,特にコンスルの懲戒や公務執行を干渉権で阻止し,抵抗すれば逮捕,投獄し得た。…

【ホルテンシウス法】より

…前287年ローマのディクタトル,ホルテンシウスが制定させた法。これ以前,平民会は全国民ではなく平民だけの集会だったので,そこでの議決は全国民に対し法的拘束力をもたなかったが,この法によって平民会の議決は全国民を拘束するものとなった。かくしてパトリキ(世襲貴族)とプレブス(平民)との身分闘争は終りを告げたが,新貴族層(ノビリタス)がすでに形成されており,ローマ国家の完全な民主化は達成されなかった。…

【民会】より

…スパルタの民会では賛否の叫び声で採決された。【太田 秀通】
【ローマ】
 ローマの民会,コミティアcomitiaは全市民の決議集会であるが,貴族を除く平民会,コンキリアconciliaも後に民会の意義を担った。構成は市民団の下部区分に即応し,古来の3部族が含む30クリアでクリア民会,王政期末以来の193ケントゥリアでケントゥリア民会を構成し,トリブス民会(トリブス),平民会は35地区に基づく。…

【ローマ】より

…平民の中の有力者は貴族との同権化を欲し,貧民は土地と,貴族の政務官(マギストラトゥスmagistratus)の横暴からの安全と自由などを求め,平民は大挙してローマ市から退去して近くの聖山(モンス・サケル)に立てこもった。貴族は譲歩し,その結果平民の権利を守る護民官と市場管理官(アエディレスaediles)の2役と,平民だけの集会(平民会。コンキリウム・プレビスconcilium plebis)の設置を認めた。…

※「平民会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone