コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイリン(桂林)特別市 クイリンGuilin

1件 の用語解説(クイリン(桂林)特別市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイリン(桂林)〔特別市〕
クイリン
Guilin

中国華南地方,コワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区北東部の市。市区とヤンシュオ (陽朔) 県など2県から成る。省轄市であるが,クイリン地区の行政庁がある。クイ (桂) 江の上流リー (漓) 江の西岸にのぞみ,チャン (長) 江水系とチュー (珠) 江水系とを結ぶ交通の要地として秦代から開けた。現在もシヤンクイ (湘桂) 鉄道が通り,自治区の北の門戸にあたる。工業の発展がめざましく,古い市街地の外部に工場地域が出現し,鉄鋼,化学,紡織,化学肥料,電機などの工業が盛んである。石彫,木彫などの伝統工芸も多い。石灰岩地帯にあり,中心部にそびえるトーシウ (独秀) 峰をはじめ孤峰が点在する。ロン (榕) 湖など湖も多く,景勝地として知られる。人口 124万 5708,うち市区人口 56万 1374 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone