クイーンメリー海岸(読み)クイーンメリーかいがん(英語表記)Queen Mary Coast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クイーンメリー海岸」の解説

クイーンメリー海岸
クイーンメリーかいがん
Queen Mary Coast

南極大陸のインド洋側,東経92°~101°の部分。1911~14年オーストラリアのダグラス・モーソン南極探検隊によって発見,命名された。デービス海に面して 1956年ソビエト連邦隊のミールヌイ基地が建設され,同国の南極活動の中心となった。内陸に向かってピオネールスカヤ基地,コムソモルスカヤ基地なども一時置かれ,さらに南極氷床の中央部のボストーク基地,ソビエツカヤ基地などを加えた観測網は,多くの科学的成果を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android