クズイルオルダ(英語表記)Kzyl-Orda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クズイルオルダ」の解説

クズイルオルダ
Kzyl-Orda

カザフスタン南部,クズイルオルダ州州都シルダリア下流部右岸に位置する。 19世紀前半コカンド・ハン (浩罕汗) 国の要塞アクメチェチ Ak-Mechet'として建設された。 1853年ロシア領となり,ペロフスク Perovskと改称。十月革命後アクメチェチに戻ったが,1925年クズイルオルダ (カザフ語で「赤い町」の意) と改称し,1929年までカザフ自治共和国の首都であった。厚紙製靴,縫製,家具,食品 (食肉乳製品) ,機械部品,建設資材などの工業が行なわれる。教育大学がある。キルギスの首都タシケントとロシアのオレンブルグを結ぶ鉄道が通る。人口 15万 8200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android