コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチビ くちび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチビ
くちび / 口火

硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科のハマフエフキの別名。和歌山、高知、宮崎、熊本の各県では、この魚とフエフキダイをタマミ、タバメ、クチミ、クチビなどと混称してよんでいる。クチビなどの名は口内が赤いことに由来する。また、タイ科ヨーロッパダイ亜科のヤリダイの商品名でもある。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクチビの言及

【フエフキダイ(笛吹鯛)】より

…沖縄でクチナジ,高知でクチミ,鹿児島でシロダイ,和歌山でタマメと呼ぶなど地方名も多い。口内が鮮紅色のためクチビまたはクチビダイと呼ぶ地方も多い。全長60cmに達する。…

※「クチビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クチビの関連キーワードクチビルケイソウ(口唇ケイ藻)フエフキダイ(笛吹鯛)アクチビンインヒビンオームルーSMADヒメダニ紫蘇科珪藻類浅島誠笛吹鯛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android