コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口火 クチビ

デジタル大辞泉の解説

くち‐び【口火】

爆薬やガス器具などに点火するのに用いる火。
物事の起こるきっかけや原因。「事故が騒ぎの口火となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちび【口火】

ガス器具の点火に使う種火たねび。パイロット-バーナー。
爆発物や火縄銃の点火に使う火。
(比喩的に)物事が起こるきっかけ。 「相手のエラーが-となって大量得点した」
[句項目] 口火を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

口火 (クチビ)

動物。ハマフエフキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

口火の関連キーワードリーベルマン(Evsey Grigor'evich Liberman)ロマン ウンゲルン・フォン・シュテンベルグナショナル・ウェストミンスター銀行ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンフランツ・フェルディナントデマレ・ド・サン=ソルラングアダルーペの聖母サウスカロライナ州免罪符(贖宥状)トロポミオシンニーレンバーグ九十五ヵ条提題リチャードソンドロレスの叫び道島五郎兵衛カントロビチマックルール柳条湖事件グロズヌイ仁川沖海戦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口火の関連情報