口火(読み)くちび

精選版 日本国語大辞典「口火」の解説

くち‐び【口火】

〘名〙
火縄銃火蓋に用いる火。また、爆薬を爆発させるためのもととなる火。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② ガス器具を点火するもととなる小さな火。
③ (比喩的に) 物事の起こるきっかけや原因。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉二六「この二人の若者が欧亜大禍乱の口火(クチビ)であったかと思ふと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口火」の解説

くち‐び【口火】

爆薬やガス器具などに点火するのに用いる火。
物事の起こるきっかけや原因。「事故が騒ぎの口火となる」
[類語]ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気火気種火火種発火点火着火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「口火」の解説

口火 (クチビ)

動物ハマフエフキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android