クツコムシ類(読み)クツコムシるい(英語表記)Ricinulei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモ綱クツコムシ目に属する種類の総称。体長 0.5~1cm。鋏角は鋏状で,上面は前体部前端にある頭蓋 (とうがい) と呼ばれる独特の形をした板でおおわれる。体は硬く,腹柄がなく,短い尾節がある。触肢は歩脚状。の第3脚は変形し精包に渡すための交尾器官になっている。気管で呼吸する。森林の落ち葉の下や洞窟の中などの湿った場所にすみ,行動はきわめて緩慢で,シロアリ類を捕食するといわれる。中央・南アメリカおよびアフリカ西部の熱帯地域に分布する。クモ綱のなかでは非常に特殊化しており,現生のものはわずか 30種足らずであるが,石炭紀の化石種がかなり発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android