コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クツコムシ類 クツコムシるいRicinulei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クツコムシ類
クツコムシるい
Ricinulei

クモ綱クツコムシ目に属する種類の総称体長 0.5~1cm。鋏角は鋏状で,上面は前体部前端にある頭蓋 (とうがい) と呼ばれる独特の形をした板でおおわれる。体は硬く,腹柄がなく,短い尾節がある。触肢は歩脚状。雄の第3脚は変形し精包を雌に渡すための交尾器官になっている。気管で呼吸する。森林の落ち葉の下や洞窟の中などの湿った場所にすみ,行動はきわめて緩慢で,シロアリ類を捕食するといわれる。中央・南アメリカおよびアフリカ西部の熱帯地域に分布する。クモ綱のなかでは非常に特殊化しており,現生のものはわずか 30種足らずであるが,石炭紀の化石種がかなり発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android