コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クツコムシ

世界大百科事典 第2版の解説

クツコムシ

蛛形(ちゆけい)綱クツコムシ目Ricinuleiに属する節足動物の総称。クツコは口籠(くちご)の意味で頭部前端に口籠状のキチン板をもつことに由来する。体長5~10mm。日本には分布しない。熱帯地方の土壌中(おもに落葉下)や洞窟内に生息している。食性についてはまだよくわかっていない。雄の第3歩脚の跗節(ふせつ)の突起が一部中空となっており,ここに精液を一時蓄え,この突起を雌の生殖器に挿入して精液を注入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クツコムシの関連キーワードクツコムシ類蛛形類書肺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android