コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クツコムシ

1件 の用語解説(クツコムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クツコムシ

蛛形(ちゆけい)綱クツコムシRicinuleiに属する節足動物の総称。クツコは口籠(くちご)の意味で頭部前端に口籠状のキチン板をもつことに由来する。体長5~10mm。日本には分布しない。熱帯地方の土壌中(おもに落葉下)や洞窟内に生息している。食性についてはまだよくわかっていない。雄の第3歩脚の跗節(ふせつ)の突起が一部中空となっており,ここに精液を一時蓄え,この突起を雌の生殖器に挿入して精液を注入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クツコムシの関連キーワード鱗虫蟹虫座頭虫蛛形類床虫口籠鋏虫ひつこ・い減らし目増し目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone