コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クテナンテ Ctenanthe; ctenanthe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クテナンテ
Ctenanthe; ctenanthe

クズウコン科の多年草で,ブラジルを中心に9種が分布。園芸的には鉢植えの観葉植物として利用される。葉は長楕円形で全縁,羽状の平行脈をもつ。緑色に灰白色やクリーム色,暗紅色などの装飾的な斑 (ふ) が入る種類が多い。近縁のカラテアは子房が3室,クテナンテは1室という違いがあるが,一見すると草姿がよく似ていて判別しにくい。生育適温は 18~25℃。葉焼けを起しやすいので半日陰で管理する。冬期は8℃以上を保って越冬させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android