コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クテノイド・キャスト クテノイドキャストctenoid cast

岩石学辞典の解説

クテノイド・キャスト

とくさの茎(equisities stem)によってできた畝のある棒状のキャスト[Beasley : 1914, Cummins : 1958].ギリシャ語のktenoeidesは櫛の歯状の,の意味で,英語のctenoidも櫛の歯状,縁がぎざぎざの,魚に櫛鱗(せつりん)がある,の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

クテノイド・キャストの関連キーワード聖ウォードリュ教会エゴイストフィリップ・モリス

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android