コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クナイトラ Al-Qunaytirah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クナイトラ
Al-Qunaytirah

シリア南西部,クナイトラ県県都。ダマスカス南西 65km,ゴラン高原渓谷内に位置する。 20世紀まではイスラム教を奉じるカフカス系のシルカシア人が定着し,その文化の中心地となっていた。近代シリアの建設とともに,アラブ的色彩も濃くなり,交通の分岐点として,この地方の商業中心地となった。 1967年6月 10日,中東戦争の際イスラエル軍に占領され,約2万人の住民は町を放棄した。 70年代になり,イスラエルの居住地を建設するため,町の大半は取りこわされた。オリーブ産地。人口1万 8200 (1982推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クナイトラの関連キーワード園崎未恵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android