クニッツ(読み)くにっつ(英語表記)Moses Kunitz

  • 1887―1978

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの生化学者。プリンストンのロックフェラー医学研究所員。1926年、酵素の結晶化に最初に成功したJ・B・サムナーは、その結晶化したウレアーゼがタンパク質であったことから、酵素一般のタンパク性を主張したが、その当時一般には認められなかった。クニッツは1930年から1936年にかけてノースロップらとともに、ペプシン、トリプシン、カルボキシペプチターゼなど一連のタンパク分解酵素のほか、リボヌクレアーゼ、ヘキソキナーゼなどを結晶化し、この研究によって初めて酵素がタンパク質であることが確認され、その後の酵素化学の発展の基礎を築いた。主著に『結晶状酵素』Crystalline Enzymes(ノースロップ、ヘリオットR. M. Herriott(1908―1992)との共著、1948年)がある。

[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android