コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌートセン仮説 Knudsen hypothesis

法則の辞典の解説

クヌートセン仮説【Knudsen hypothesis】

両側性の遺伝性網膜芽細胞腫に対しての説明.もし一つの癌抑制遺伝子に,遺伝的な変異が認められた場合,他の対立遺伝子不活化するためにはもう一つの胎生変異が必要である.散発型ではおのおのの対立遺伝子を不活化するためには二つの変異が必要である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クヌートセン仮説の関連キーワードヌードセン仮説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android