コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモキリソウ(雲切草) クモキリソウLiparis kumokiri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモキリソウ(雲切草)
クモキリソウ
Liparis kumokiri

ラン科の多年草。一名クモチリソウともいう。日本全域と朝鮮半島の山中の林下に広く分布する。茎は短く多肉質でやや扁平,長さ4~8cmの葉を2枚もつ。葉は薄質,平行脈が顕著で,葉柄は翼があって短い。夏に 15cmほどの花柄を出し,紫褐色の小花数個つける。唇弁以外の各花被片と距は糸のように細い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クモキリソウ(雲切草)の関連キーワードラン科

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android