コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柄(読み)カヘイ

大辞林 第三版の解説

かへい【花柄】

花序の中央の軸から分枝し、各々の花をつけている柄の部分。花梗かこう

はながら【花柄】

衣服などの、花の模様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柄
かへい

花梗(かこう)ともいう。花や花序(かじょ)をつける枝をいう。個々の花を支える末端の枝を小花柄または小梗(しょうこう)といい、花序全体を支える枝を総花柄または総梗という。穂状(すいじょう)花序では小花柄は短縮し、花はほとんど無柄になる。タンポポなどのように根元より出て分枝せず、葉の発達も悪く、花を頂生するような茎を花茎(かけい)という。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花柄の関連情報