花柄(読み)カヘイ

  • かへい クヮ‥
  • かへい〔クワ〕
  • はながら

大辞林 第三版の解説

花序の中央の軸から分枝し、各々の花をつけている柄の部分。花梗かこう
衣服などの、花の模様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花梗(かこう)ともいう。花や花序(かじょ)をつける枝をいう。個々の花を支える末端の枝を小花柄または小梗(しょうこう)といい、花序全体を支える枝を総花柄または総梗という。穂状(すいじょう)花序では小花柄は短縮し、花はほとんど無柄になる。タンポポなどのように根元より出て分枝せず、葉の発達も悪く、花を頂生するような茎を花茎(かけい)という。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 花軸から分かれ、その先端に花をつける小さな枝。花梗(かこう)
※山椒魚(1929)〈井伏鱒二〉「杉苔は最も細く且つ紅色の花柄の尖端に、可憐な花を咲かせた」
〘名〙 花の模様。はながた。
※面影(1969)〈芝木好子〉六「派手な花柄のマフラーで髪をおおって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花柄の関連情報