コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラノン Krannōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラノン
Krannōn

古代ギリシア,テッサリアの一都市。現ラリサ。東西の平野を分つ低い丘陵地帯に位置し,狭小さのゆえに発展しなかった。フェライ人デイニアスが前4世紀に,フェライの僭主たちの援助を受けてこの地の僭主となった。前 322年にはアンチパトロスがこの近郊で,ギリシア連合軍を破っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラノンの関連キーワードヒュペレイデスビサヤ語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android