コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラバン山脈 クラバンさんみゃくChuǒr Phnum Krâvanh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラバン山脈
クラバンさんみゃく
Chuǒr Phnum Krâvanh

フランス語ではカルダモーム山脈 Chaîne des Cardamomes。カルダモン山脈とも呼ばれる。カンボジア南西部にある山脈。同国の西の国境付近から南の海岸に向って,北西-南東方向に約 160kmにわたって延び,南東はダンレイ (エレファン) 山脈に,北西はタイ南部の高原地帯に続く。平均標高約 1000m。最高峰はオラル山 (1813m) で,カンボジアの最高峰。夏季に南西からタイ湾を渡って吹く季節風はまずこの山脈に突当るため,その風上にあたる南西斜面では年間 4000mmをこえる降雨があり,熱帯雨林が繁茂する。内陸の平野に面する雨陰の北東斜面では年降水量は 1500mm以下に減少。密林地帯には多種にわたる熱帯野生動物が生息する。山地斜面ではカルダモンやコショウが栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラバン山脈の関連キーワードインドシナ半島

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android