コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラブラ岩 クラブラがんkrablite

岩石学辞典の解説

クラブラ岩

この語は最初にフォルヒハンマーが長石の一種に使用したが[Forchhammer : 1842],後にツィルケルは流紋岩質結晶質凝灰岩で,多量のサニディンと少量の斜長石,オージャイト,石英を含む岩石と再定義した[Preyer & Zirkel : 1862].古い名称である.アイスランドのクラブラ(Krabla)山に産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android