コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラムヨモギ

百科事典マイペディアの解説

クラムヨモギ

パキスタン北西部の砂漠地帯に自生するキク科の多年草。サントニン含量がきわめて高く2〜3%。高さ70〜100cm,茎の下部は半木質化する。1950年日本に導入され,おもに香川県で栽培された。かつて北海道に多く栽培されたミブヨモギはヨーロッパ原産のキク科の多年草で昭和の初期に導入。サントニン含量は前種よりはなはだ低い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のクラムヨモギの言及

【サントニン】より

キク科ヨモギ属植物Artemiciaのうちシナヨモギやミブヨモギ,クラムヨモギなどの花のつぼみから分離精製した無色の結晶または粉末。水にはほとんど溶けない。…

※「クラムヨモギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android