クランクプレス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クランクプレス
くらんくぷれす
crank press

大量生産に使用されるもっとも普通の機械プレスをいい、電動機によりクランク軸を回転させ、ラムを上下させて加圧を行う。長いストロークを必要とする場合にはクランクピン形式、ストロークが短くて強力な加工にはフルエキセン形式、一般用にはセミエキセン形式のクランク軸が多く使用される。
 形状から分類すると、C字形のフレームをもつC形クランクプレスと、フレームが枠形で、左右の柱がまっすぐな門形をしているストレートサイド形クランクプレスに分けられる。クランクプレスは適当な工具を選ぶことによって、剪断(せんだん)加工、板材成形、圧縮加工など、ほとんどすべての塑性加工が行える。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android