クラーク ダールトン(英語表記)Clark Darlton

現代外国人名録2012の解説

クラーク ダールトン
Clark Darlton


国籍
ドイツ

専門
SF作家

本名
ワルター エルンスティング

生年月日
1920/6/13

出生地
ドイツ ラインラント・プファルツ州コブレンツ

経歴
1938年ハイスクール卒業後、ドイツ・ナチスの半軍事青年組織である勤労奉仕隊に入る。第二次大戦開戦と同時に、空軍の通信部隊に召集され、ポーランド、ノルウェー、ロシアを転戦する。’45年敗戦ののち、シベリアのカラガンダ捕虜収容所で5年間を過ごし、’50年末帰国後も1年間は病床に伏した。’52年英国占領軍の通訳となり、この頃からSFに興味を示す。翻訳家、編集者として執筆活動を開始し、アングロサクソン風のペンネーム、クラーク・ダールトン名義で処女作「夜空のUFO」を発表、SF作家としてデビュー。以後ローダン・シリーズを含め、多数のSFを執筆。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android