夜空(読み)ヨゾラ

デジタル大辞泉 「夜空」の意味・読み・例文・類語

よ‐ぞら【夜空】

夜の空。「夜空に輝く星」
[類語]青天碧落青雲朝空夕空初空秋空秋の空冬空寒空寒天星空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「夜空」の意味・読み・例文・類語

よ‐ぞら【夜空】

  1. 〘 名詞 〙 よるの空。
    1. [初出の実例]「白栄(しろばえ)の夜空にあかるし風遠く凪ぎて一樹のかげ黒き街」(出典収穫(1910)〈前田夕暮〉下)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「夜空」の解説

夜空

日本ポピュラー音楽。歌は男性演歌歌手、五木ひろし。1973年発売。作詞山口洋子作曲平尾昌晃。第15回日本レコード大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報