コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリサ Krisa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリサ
Krisa

コリント湾の北岸,現在のクリュソ村にあるミケーネ時代の大規模なアクロポリス。この丘陵上の集落は歴史時代になると放棄されたが,その名はしばしば海岸部にあるキルラと,ときにはデルフォイとも同一視された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクリサの言及

【神聖戦争】より

…古代ギリシアで,デルフォイとその神域を冒瀆した都市に対して,隣保同盟が行った一連の戦争。第1次神聖戦争は前6世紀初め,神域の支配権を主張し巡礼者に課税したクリサKrisaの住民からデルフォイを解放するため行われた。クリサの平原はそれによってアポロン神に献納され,耕作を禁じられた。…

※「クリサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クリサの関連キーワードバリ州の文化的景観:トリスコッティ キレイの仕上げ ハンドタオル100スコッティ ハンドタオル100クリサンセマム・ムルチコーレクレイステネス[シキュオン]プリサリー・クリサヴィクハイデラバード(インド)プラツキー・クリサリクディモルフォセカポリフェノールポリオレフィンテントウムシチューリップ熱硬化性樹脂ユクスキュルムギワラギクポリエチレンニセアカシアポリスチレンモネンバシア

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android