コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史時代 レキシジダイ

デジタル大辞泉の解説

れきし‐じだい【歴史時代】

文献や記録によって過去の人びとの社会や文化を知ることのできる時代。日本では6世紀後半以降をいう。→原史時代先史時代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れきしじだい【歴史時代】

文字で書かれた記録・文献などが残されてから後の時代。日本では五世紀以後。考古学で、先史時代・原史時代に対比される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の歴史時代の言及

【先史時代】より

…文献記録という意味での歴史が出現する前の時代。これに対して文献記録の不十分な時代を原史時代,豊富な時代を歴史時代と呼ぶ。日本では,弥生時代までを先史時代,古墳時代を原史時代として扱う。…

※「歴史時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歴史時代の関連キーワードオットー シュリューターサクソ・グラマティクスロマン ギルシュマンハスティナープラ遺跡ギルシュマンコリマ[山]ペラスゴイ人ファイユーム古生物病理学メルシン遺跡アカイア人ネバサ遺跡北原亜以子クソアノンゲルマン人歴史地理学古墳時代人歴史考古学出雲の阿国有史時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歴史時代の関連情報