歴史時代(読み)レキシジダイ

大辞林 第三版の解説

れきしじだい【歴史時代】

文字で書かれた記録・文献などが残されてから後の時代。日本では五世紀以後。考古学で、先史時代・原史時代に対比される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れきし‐じだい【歴史時代】

〘名〙 文字で書かれた記録、文献など史料によって知ることのできる過去。歴史学の研究対象が文字発生以後であるためにいう。⇔先史時代

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歴史時代の言及

【先史時代】より

…文献記録という意味での歴史が出現する前の時代。これに対して文献記録の不十分な時代を原史時代,豊富な時代を歴史時代と呼ぶ。日本では,弥生時代までを先史時代,古墳時代を原史時代として扱う。…

※「歴史時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歴史時代の関連情報