コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリシュナー[川] クリシュナー

百科事典マイペディアの解説

クリシュナー[川]【クリシュナー】

インド半島中部の川。キストナKistna川とも。全長約1290km。西ガーツ山脈中に発し,ほぼ東流,アーンドラ・プラデーシュ州マチリパトナム南方でベンガル湾に注ぐ。
→関連項目ゴーダーバリー[川]デカン高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリシュナー[川]【Kṛṣṇā】

インド半島の西ガーツ山脈に発し,デカン高原を東流してベンガル湾に注ぐ川。別名キストナKistna。延長1300km,流域総面積26万km2。南北両側にほぼ同規模の支流ビーマBhīma川およびトゥンガバドラーTungabhadrā川を有し,それらはカルナータカ,アーンドラ・プラデーシュ両州の境界付近で合流してから東ガーツ山脈を貫通し,ビジャヤワダから下流に広大な三角州を形成する。この三角州は北に隣接するゴーダーバリー川三角州とともに,1898年完成の大規模な用水路灌漑によってみごとな水田地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクリシュナー[川]の言及

【アーンドラ・プラデーシュ[州]】より

…地形は,狭長な海岸平野,東ガーツ山脈の山塊群,デカン高原の楯状地の順に東から西に配列。海岸平野の西境はほぼ100mの等高線で,中央部にゴーダーバリー川とクリシュナー(キストナ)川の大デルタを抱く。そこは年降水量1000mm以上と多いうえに,河川灌漑の発達したインド有数の農業地帯であり,〈南インドの穀倉〉とよばれる。…

【デカン高原】より

…西ガーツ山脈は南方でニールギリ,カルダモン両丘陵となって地塊化し,ともに2000mを超す高地となっている。ここを水源としてゴーダーバリー,クリシュナー,カーベーリの諸河川が高原上を東流し,高原の東縁に継続的に連なる東ガーツ山脈(標高500~600m)を貫通してベンガル湾岸のコロマンデル海岸に流れ下る。高原が隆起する際,各地に東西方向の断裂が生じた。…

※「クリシュナー[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android