コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリストファー・ロビン くりすとふぁーろびん

デジタル大辞泉プラスの解説

クリストファー・ロビン

A.A.ミルンによる児童文学作品「くまのプーさん」に登場するキャラクター。著者の息子をモデルとする人間の少年で、主人公プーの友だち。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のクリストファー・ロビンの言及

【ミルン】より

…《ワーゼル・フラマリー》(1917),《ピム氏のお通り》(1919),《蟇(ひきがえる)館の蟇》(1929)などが好評を博する。結婚して長男のクリストファー・ロビンが生まれると,彼を寝かしつけるためのおとぎ話を作る必要から,クリストファー・ロビンを主人公とした童話《ぼくたちが小さかったとき》(1924),《ぼくたちは6歳》(1927)などを書いた。そして,それが発展して熊のぬいぐるみを主人公にした《クマのプーさん》(1926),《プー横丁に建った家》(1928)が誕生する。…

※「クリストファー・ロビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリストファー・ロビンの関連キーワードミルン(Alan Alexander Milne)アラン・アレクサンダー ミルンクマのプーさん高橋源一郎荒野の王子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリストファー・ロビンの関連情報