クリストフ エッシェンバハ(英語表記)Christoph Eschebach

20世紀西洋人名事典の解説

クリストフ エッシェンバハ
Christoph Eschebach


1940.2.20 -
ドイツのピアノ奏者,指揮者
ブレスラウ生まれ。
出生時に母を、4歳の時に父を亡くし、亡命キャンプに収容されていたが、’46年にエッシェンバハ家に引き取られ、ピアニストだった義母に手ほどきを受ける。10歳の時に指揮者のヨッフムに才能を認められ、ハンブルクでエリーザ・ハンゼン女史に師事し、13歳でスタインウェイ・コンクールに入賞。ケルン音楽院卒業後、正式デビューし、’65年のクララ・ハスキル・コンクールに優勝し、注目を集めた。’73年には指揮者としてもデビューし、’80年からはチューリヒ・トーハレ管弦楽団の常任指揮者を務めている。’69年以来たびたび来日している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android