コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリトラオス Kritolaos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリトラオス
Kritolaos

前2世紀頃在世のギリシアの哲学者。キオスのアリストンに学び逍遙学派 (ペリパトス学派) を継ぐ。前 156~155年アテネ市民はアテネへの課税に抗議するためクリトラオスを含む3人の哲学諸派代表者を使節としてローマに派遣した。彼は逍遙学派の正統を守ろうとしてストア派と対抗したが,倫理学説はストア派に近かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android