課税(読み)カゼイ

大辞林 第三版の解説

かぜい【課税】

( 名 ) スル
税を割り当てること。また、その税。 「利子に-する」 「累進-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ぜい クヮ‥【課税】

〘名〙 租税を割り当てること。また、割り当てた租税。〔仏和法律字彙(1886)〕
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉再度米国行「輸入の茶に課税(クヮゼイ)したるを憤り」 〔白居易‐登門間望詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課税の関連情報