コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルクアス Kourkouas, Iōannēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルクアス
Kourkouas, Iōannēs

10世紀頃のビザンチンの名将。ギリシア出身。ロマヌス1世 (在位 920~944) の指揮下,ボスポラス海峡に現れたロシア軍を撃退し (941) ,さらにハムダニード族を主流とするイスラム教徒アルメニア,北部メソポタミアで戦い,アミダ,ダラ,エデッサ,ニシビスなどの重要都市を奪回 (943) 。小アジアにおけるビザンチン帝国の影響力を増し,次代の領土拡大の道を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クルクアスの関連キーワードロマヌス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android