コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルクアス Kourkouas, Iōannēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルクアス
Kourkouas, Iōannēs

10世紀頃のビザンチンの名将。ギリシア出身。ロマヌス1世 (在位 920~944) の指揮下,ボスポラス海峡に現れたロシア軍を撃退し (941) ,さらにハムダニード族を主流とするイスラム教徒アルメニア,北部メソポタミアで戦い,アミダ,ダラ,エデッサ,ニシビスなどの重要都市を奪回 (943) 。小アジアにおけるビザンチン帝国の影響力を増し,次代の領土拡大の道を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルクアスの関連キーワードロマヌス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android