コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルク島(読み)クルクトウ

デジタル大辞泉の解説

クルク‐とう〔‐タウ〕【クルク島】

Krk》クロアチア西部の島。アドリア海に浮かぶ島の中で最も大きく、最北端に位置する。本土と長さ1430メートルの橋で結ばれる。主な町はクルク。海岸保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルク島
くるくとう
Krk

クロアチア西部のアドリア海岸に散在する大小725の島々のうち、最北端に位置する島。面積は島々のなかでは最大で、407.9平方キロメートル、人口1万6402(1991)。全島石灰岩からなるが、東岸のブルブニクVrbnik(人口1245。2001)と西岸のクルク(人口5491。2001)を結ぶ線の以北は標高200メートル以下の丘陵性地形、以南は500メートル以上の山地を有し急峻(きゅうしゅん)である。ぶどう酒、オリーブを産する。夏の観光地。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android