東岸(読み)とうがん

精選版 日本国語大辞典「東岸」の解説

とう‐がん【東岸】

[1] 〘名〙 東側
将門記(940頃か)「鶏儀未だ旧からずして、西朝に飛ぶ。亀甲新たながらも東岸に(ほろ)びぬ」 〔晉書‐毛宝伝〕
[2] 雅楽朗詠の中の一曲。早春のに曲づけされたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android