東岸(読み)とうがん

精選版 日本国語大辞典「東岸」の解説

とう‐がん【東岸】

[1] 〘名〙 東側
※将門記(940頃か)「鶏儀未だ旧からずして、西朝に飛ぶ。亀甲新たながらも東岸に(ほろ)びぬ」 〔晉書‐毛宝伝〕
[2] 雅楽朗詠の中の一曲。早春のに曲づけされたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android