クルックシャンク(英語表記)George Cruikshank

世界大百科事典 第2版の解説

クルックシャンク【George Cruikshank】

1792‐1878
イギリスの風刺画家,挿絵画家。ロンドンに生まれ,父アイザックの職を継いで早くから社会・政治風刺画家としての地位を確立する。ローランドソン,ギルレーに続き,摂政皇太子(のちジョージ4世)の私生活など王室を中心にイギリス社会の荒廃を機知に富んだ鋭い風刺で描いた。1820年代から,ディケンズ,グリム兄弟らの挿絵画家に転身し名声を得る。晩年,禁酒運動を支持し,その悪弊を主題にしたシリーズ《酒瓶》を制作した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報