機知(読み)きち(英語表記)wit

翻訳|wit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機知
きち
wit

人の意表をつくような,不意でかつ巧妙な新しい見方,ないしは考え方の転換をさす。多くの場合,他の人たちに驚きや笑いを生じさせる。 S.フロイト精神分析では,これを悪意のないものと,他人に対して向けられた一種の攻撃とに区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ち【機知】

〘名〙 その場その場の状況に応じて素早く働く才知。とっさに働く鋭い知恵。ウイット。
※星巖先生遺稿‐後編(1863‐65)紫微仙館集・題一百首「人皆用機智、其害甚太深」
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「機智(キチ)頓才を磨かしむるも」
[補注]「機知」は「機智」の書き換え。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の機知の言及

【風習喜劇】より

…つまり風習喜劇とは,内容においても支持層においても,田舎よりも都会の,また庶民やブルジョアよりも貴族の劇だったのである。最も重視された価値基準は,ものごとを知的かつ批判的にとらえる能力としての機知witである。登場人物は大別すると機知を備えた者,機知を備えてはいないのに備えているつもりでいる者,機知とまったく無縁である者,の三つの型に属し,第1の型が第2および第3の型を見下して笑うというかたちで喜劇が成立する。…

※「機知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機知の関連情報