名声(読み)めいせい

精選版 日本国語大辞典「名声」の解説

めい‐せい【名声】

〘名〙 よい評判。ほまれ
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「遠感名声走者還、周施賑恤疲者起」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「名声(〈注〉ひょうばん)及幸福を得たることを少時貧困なりし事に帰して」 〔史記‐陸賈伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名声」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「名声」の解説

【名声】めいせい

名誉声望。のほまれ。〔史記、孟嘗君伝〕客日にみ、名聲侯に聞ゆ。

字通「名」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android