クロカビ(黒黴)(読み)クロカビ

百科事典マイペディア「クロカビ(黒黴)」の解説

クロカビ(黒黴)【クロカビ】

不完全菌類コウジカビ属のカビ。コウジカビに似ているが菌叢(きんそう)は黒い。動植物上にはえる病害菌であるが,一方有機酸をつくり,デンプン糖化,タンニンやペクチン分解力もあり,クエン酸グルコン酸,インキ製造などに利用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クロカビ(黒黴)」の解説

クロカビ(黒黴)
クロカビ
Aspergillus niger

子嚢菌類モニリア目の1種で,コウジカビ属に属する。形態的にはコウジカビによく似ているが,その胞子黒色である。この菌は,デンプン分解酵素をはじめとして種々の酵素を生産するので,特に有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android