コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカビ(黒黴) クロカビAspergillus niger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロカビ(黒黴)
クロカビ
Aspergillus niger

子嚢菌類モニリア目の1種で,コウジカビ属に属する。形態的にはコウジカビによく似ているが,その胞子は黒色である。この菌は,デンプン分解酵素をはじめとして種々の酵素を生産するので,特に有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロカビ(黒黴)【クロカビ】

不完全菌類コウジカビ属のカビ。コウジカビに似ているが菌叢(きんそう)は黒い。動植物上にはえる病害菌であるが,一方有機酸をつくり,デンプン糖化,タンニンやペクチン分解力もあり,クエン酸グルコン酸,インキ製造などに利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android