コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロサンドラ Crossandra

1件 の用語解説(クロサンドラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロサンドラ【Crossandra】

キツネノマゴ科クロサンドラ属(ヘリトリオシベ属)に属する常緑低木または多年草で,熱帯アフリカマダガスカルインドに20種あまりがある。日本では観賞用にジョウゴバナC.infundibuliformis Nees(一名ヘリトリオシベ)(イラスト)がおもに栽培されている。葉は対生し,濃緑色で光沢がある。花はおもに夏のころ,頂部の葉腋(ようえき)から花穂をだしてつき,じょうご状で橙赤色,先端部は5裂し下部は管状となり,四角ばった苞の下部から順次咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロサンドラの関連キーワードアフェランドラ北狐狐の絵筆狐の茶袋狐の手袋狐の孫葉黒草伊勢花火小狐北きつね牧場

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone