コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐植土 フショクド

百科事典マイペディアの解説

腐植土【ふしょくど】

腐植含量の多い土壌の総称。日本農学会法では細土(孔径2mmのふるいを通過した土壌)中の腐植含量が20%以上の土壌をいう。肥沃で,保水性・通気性ともにすぐれ,作物栽培に適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふしょくど【腐植土】

腐植に富む土壌。黒色で保水力に富み作物の生育に適する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腐植土の関連キーワードナンヨウブクリョウ(南洋茯苓)ベニナギナタタケ(紅長刀茸)ニセショウロ(贋松露)ヤンバルテナガコガネコウヤノマンネンゴケトビムシ(跳虫)シギアブ(鴫虻)コケムシ(昆虫)ムクゲキノコムシアーシー・パンギンリョウソウアルプス腐植土イタチノシッポオオシラガゴケチェルノゼムオオカサゴケトマスリン肥タチハイゴケシハイスミレタカチホヘビ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android