腐植土(読み)ふしょくど

デジタル大辞泉「腐植土」の解説

ふしょく‐ど【腐植土】

腐植質を20パーセント以上含む土壌。黒または黒褐色を呈し、肥沃で保水性・通気性ともにすぐれ、作物の栽培に適する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「腐植土」の解説

ふしょく‐ど【腐植土】

〘名〙 腐植質を二〇パーセント以上含む土壌をいう。通常黒色で、植物の生育に適しているので、植樹、庭園の庭木・草花の育種に使用する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android