腐植土(読み)ふしょくど

百科事典マイペディア「腐植土」の解説

腐植土【ふしょくど】

含量の多い土壌総称。日本農学会法では細土(孔径2mmのふるいを通過した土壌)中の腐植含量が20%以上の土壌をいう。肥沃で,保水性・通気性ともにすぐれ,作物栽培に適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「腐植土」の解説

ふしょく‐ど【腐植土】

〘名〙 腐植質を二〇パーセント以上含む土壌をいう。通常黒色で、植物の生育に適しているので、植樹、庭園の庭木・草花の育種に使用する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腐植土」の解説

ふしょく‐ど【腐植土】

腐植質を20パーセント以上含む土壌。黒または黒褐色を呈し、肥沃で保水性・通気性ともにすぐれ、作物の栽培に適する。
[類語]土壌土地大地壌土土砂赤土黒土緑土黄土凍土ローム粘土陶土はに壁土アンツーカー腐葉土シルト残土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android