腐植土(読み)フショクド

百科事典マイペディアの解説

腐植含量の多い土壌の総称。日本農学会法では細土(孔径2mmのふるいを通過した土壌)中の腐植含量が20%以上の土壌をいう。肥沃で,保水性・通気性ともにすぐれ,作物栽培に適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

腐植に富む土壌。黒色で保水力に富み作物の生育に適する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 腐植質を二〇パーセント以上含む土壌をいう。通常黒色で、植物の生育に適しているので、植樹、庭園の庭木・草花の育種に使用する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腐植土の関連情報